みなさんこんにちは!高田市駅前校担任助手2回生です😁

9月も残り1週間弱、早いですね~😮最近は朝晩が冷え込むようになってきましたが、体調管理しっかりしていきましょうね!

さて、今回は、受験において早起きや朝型の勉強の大切さについてお話していきます!

「早起きは三文の徳」「朝型に切り替えよう!」というのは、よく耳にすると思います。

ですが、「朝は眠いし、夜の方が集中できる😡」との反対意見も、よく生徒から言われることがあります。

では、どうして早起きや朝型への切り替えが必要なのでしょうか?

それは、試験は朝から行われるものだからです。

ここで、私が受験生だった頃のお話をします。ドキドキ緊張のセンター試験当日のことです。他の受験生もドキドキで、私の教室は知り合いばかりでしたが、本番でしか味わうことのできない緊張感に包まれていました。

社会の試験が終わり、国語の試験があと1分で始まろうというその時!

なんと、斜め前の友達が、こっくりこっくりと寝始めてしまったのです!😨😨😨

国語の試験が始まってからも、眠気でなかなか集中できていない様子でした。

実はその友達、同じクラスの子だったんですが、授業中もよく寝る子でした。朝がもっぱらダメだと本人も自覚していました。

でも、まさかセンター試験本番で寝てしまうなんて・・・😰本人が一番びっくりしていたと思います。模試では寝ているところは見たことがありませんでした。試験当日なんだから、さすがに寝ることはないだろうと、安易に考えていてはいけないのです!

また、試験では朝から最大の集中力を発揮できなければなりません。寝なければ大丈夫!ということでもありませんよね。

したがって、早起きを習慣づけて、朝型に切り替えることが、受験において重要になってくるのです。

共通テスト本番まで、まだ3か月弱あります。生活リズムを整えるには、十分な期間だと思います👍朝から集中して、頭をフル回転させる練習をしておきましょう😉

朝から東進で勉強を頑張る生徒の様子
6+