みなさんこんにちは、高田市駅前校担任助手の2回生です。

前々から校舎長にも言われたんですがネタがなかなか思い浮かばなかったので、自分の近況についてでも書いていこうかなと思います!

私は県内にある看護大学に通っています。そう、多忙で有名な看護学生ですね。(笑)

実はつい先日まで試験がありまして、つかの間の夏休み!!!がやっと到来したところです。学生の皆さんにも必ずありますよね、定期試験。。。

徹夜をした経験もある人、

計画立てて前々から準備して取り組んでいた人、

様々な試験対策をしてきたことがあると思いますが、暗記科目に苦労した経験はありませんか?

看護科の試験はほとんどが暗記ばかりで、効率よく覚えないと時間が足りなくなるほど膨大な量の知識を覚えなければいけません。
分かりやすく言えば高校の時に覚えた英単語の10倍くらいの量が1科目でそれが12科目くらいですね(笑) だからといってやみくもに丸暗記!といった方法では全く頭に入ってきません。

ここでみなさんに一つ伝えたいのは、

暗記するにはまずなぜそうなるのかを理解することが重要です。

日本史や世界史にもまず流れを理解した方が覚えやすいとよく言われていますよね。それと原理は同じです。人間の脳は何かと関連づけたり、自分の中に納得できる理由があるとその物事に関してはなかなか忘れにくいようにつくられています。

暗記方法は人それぞれあると思います。友達と問題を出し合って覚える人、ひたすら書いて書いて覚える人、中には一度見ただけで覚えることのできる人もいるでしょう。

暗記に絶対といった方法はありませんが、理解することが近道であることは私自身の経験からも間違いないと思います!

もしこのブログを見てくれている人の中で暗記方法に困っている方がいれば、まずなぜそうなるのかを理解することから始めてみてください、何かが変わるかもしれません。

最後に私が東進の中で一番好きな先生の名言を残しておきますね。有名な方です。

常に向上心!!   志田 晶先生

5+