東進衛星予備校 東進サテライトグループは、大阪、奈良(八尾市・松原市・橿原市・奈良市・大和郡山市・香芝市・大和高田市・桜井市)に展開している、大学受験を成功に導く大学進学予備校です。

トップ | サイトマップ

トップ > 学習システム一覧 > 東進の学習システム

東進の学習システム

第一志望合格のために
第一志望校合格に必要なこと、それは「君の今の学力と志望校合格レベルとのギャップを埋める」ことです。
東進は、のべ百万人を超える指導経験と膨大なデータ分析から、第一志望校合格に必要な学習システムを開発し、 先輩たちを現役合格へと導いてきました。限られた時間で、何を、どのように学ぶべきか?君を合格へ導く秘訣を紹介します。

決め手は先手必勝のカリキュラム

東進の先取り学習

東進なら、高速学習を進め、高校の内容を早期に修了することが可能です。 もちろん早期スタートが重要となりますが、出遅れてしまったという君も東進の学習システムを活用して本気で努力すれば、挽回は十分に可能です。 受験全範囲を早期に修了し、志望校対策に多くの時間を割く先取り学習が、難関大合格の決め手となります。


目標を決める(夢・目標はやる気の原動力)
担任指導
君のモチベーションを高める東進の「担任」

東進では、担任による合格指導面談で、最適な学習方法を共に考えます。さらに担任助手が中心となり日々の学習状況の確認をしていきます。 担任助手の多くは東進で志望校合格を果たした大学生の先輩です。
「熱誠指導」で、生徒一人ひとりのモチベーションを高め維持するとともに、志望校合格までリードする存在、それが東進の「担任」です。

合格設計にもとづく指導

志望校合格のために大切なもの、それは学習計画です。 志望校合格から逆算して作成された合格設計図にもとづき、月ごと、週ごと、日ごとの中間目標を確認しながら学習の進め方や部活・学校との両立方法を共に考えます。 また、定期的に面談を行って学習の進捗状況を確認していきます。
さらに、受験に関する悩みや不安に対しては、君の考え方を整理した上で的確なアドバイスを行い、モチベーションを維持できるよう後押しします。

定期的なコーチングによる熱誠指導

東進では、2種類の面談を行います。
合格指導面談
生徒と担任が一対一で実施。受講状況や模試の結果をもとに、合格設計図の確認・修正、受験校の決定などを行います。 「面談を通して自分の考えを整理できた」「担任の先生なしでは受験はうまくいかなかった」など、生徒に伴走し志望校現役合格のためにとことん指導します。
グループ・ミーティング
担任助手の指導の下、5~6人の生徒によるグループ・ミーティングを通じて、切磋琢磨し合います。 1週間の学習計画をグループ全員で共有して励まし合うことで、1人で勉強に取り組むよりも頑張る気持ちが強くなります。 また、将来の夢や目標について語り合うことでモチベーションも高まります。 「ライバルを目の前にしてやる気に火がついた」「励まし合って受験を乗り切れた」など、生徒のモチベーションの維持と向上を図っています。

豊富な校舎イベント

合格報告会
東進で勉強して難関大に合格した先輩たちが、自らの体験談を現役高校生に熱く語ってくれるイベントです。 受験勉強の進め方や具体的な学習方法はもちろん、部活動との両立方法やスランプに陥ったときの克服法まで何でも教えてもらえるため、受験勉強に本気で取り組むきっかけとなります。
就職活動報告会
校舎OB・OGが、就職活動を中心に、大学時代の経験や社会人になってからの目標、仕事観や将来の夢について発表します。 自らの手で人生を切り拓いた先輩の話を聞くことで、将来について考えるきっかけとなります。



基礎力を身につける(基礎=超重要項目)
高速基礎マスター講座
オンラインで効率よく、徹底的に学力向上!

高速基礎マスター講座は、「知識」と「トレーニング」の両面から科学的かつ効率的に短期間で基礎学力を徹底的に身につけるための講座です。
大きく分けると、「高速暗記講座」と「高速トレーニング講座」の2つがあり、文法事項や重要事項を単元別、分野別にひとつずつ完成させていくことができます。 推奨する受講期間は1講座もしくは1単元で10日~1カ月。
インターネットを介してオンラインで利用できるため、校舎だけでなく、自宅のパソコンやスマートフォン・携帯電話で学習することも可能です。

高速基礎マスター講座のポイント

「できない」問題を洗い出し短期間で徹底的に修得する!
「高速基礎マスター講座」が一問一答集と大きく違う点が、未修得の問題を洗い出してリスト化し、弱点だけを一気に克服できる点にあります。 オンラインで自動的に苦手項目がピックアップされ、暗記しやすい工夫がされているため集中して覚えることができるのです。 何カ月もかけて取り組むのではなく、一気に集中して修了することがポイントになります。
定期的なトレーニングで修得した知識を定着させる
短期集中で暗記をしても定期的に知識を活用しなければ、やがて忘却してしまいます。そこで、定期的にトレーニングや修了判定テストを実施することで、一度修得した知識を深めより確実なものにできます。



高3夏までに受験科目修了
高速学習
毎日授業を受けられるので、理解も進み、定着度も高い

従来の予備校は、毎週1回の授業で、第2講は第1講の1週間後、第3講は2週間後……と続きます。 しかし、東進なら、今日は第1講、明日は第2講……と、1年分の授業を最短2週間から1か月程度で集中して受講・修了することができます。 毎日受講する学習スタイルは、いつの間にか受験勉強を習慣化することが可能です。

自分の理解度に合わせて90分をフル活用できる

t-POD※で受講すれば、授業の音声が音飛びしない状態で1.5倍速のスピード再生をすることができます。 90分の授業を1.5倍速で受講すれば約60分で講義が終了。残りの30分は、わからない箇所を聞き直したり、その日の問題演習に使うなど、時間を有効活用することができます。
※t-POD(toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、 合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・講座修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システムです。


自宅で受講できる

「校舎が開いていない早朝に勉強したい」「天候不良や交通機関の乱れにより外出できないけど受講したい」…… そんなとき、東進のt-PODなら自宅で受講でき、さらに「確認テスト」や「講座修了判定テスト」も校舎と同じように受験できます。 また、すき間時間を有効活用するためiPad・iPhone・Androidでの受講にも対応しています。

生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせられる

映像による授業を駆使した最先端の勉強法
東進の授業はおよそ1万種類。そのすべての授業をt-PODにより映像配信しているので、個別に受講でき、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。
やる気になったときにすぐに始められ、理解に応じてどんどん先取りしたり、繰り返し受講したり自由自由。 例えば高2の夏までに受験に必要な全科目の全範囲を修了し、秋から1年半かけて志望校レベルの実践的な勉強や受験を超えた大学教養レベルの学習をすることもできます。

t-PODによる映像を駆使した授業

生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせられる
東進の授業はおよそ1万種類。そのすべての授業をt-PODにより映像配信しているので、個別に受講でき、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。
やる気になったときにすぐ始められ、理解に応じてどんどん先取りしたり、繰り返し受講したり自由自在に受講を進めることができます。

毎日授業を受けられるので理解も進み、定着度も高い
従来の予備校は、毎週1回の授業で、第2講は第1講の1週間後、第3講は2週間後・・・・と続きます。 しかし、東進なら、今日は第1講、明日は第2講・・・・と1年分の授業を1カ月程度で集中して受講・修了することができます。

1.5倍速モードで90分を有効活用できる
t-PODで受講すれば、授業の音声が音飛びしない1.5倍速モードでスピード再生をすることができます。 90分の授業を1.5倍速で受講すれば60分で講義が終了。 残った30分で授業の前のウォーミングアップをしたり、わからない箇所を聴き直したり、その日の問題演習をするなど、時間を有効活用することができます。

通学が困難な時は自宅で受講できる
「天候不良や交通機関の乱れにより登校できない」「具合が悪くて外出できないけど受講したい」・・・そんなとき、東進のt-PODなら自宅から受講でき、さらに「確認テスト」や「講座修了判定テスト」も校舎と同じように受講できます。

1.5倍速受講のススメ
1.5倍速というスピードで適度な負荷をかけると、脳が活性化し集中力が高まります。そのため、通常のスピードで授業を受けたときよりも記憶と理解が進み、効率的な学習が可能となります。 90分を自在に使えるというだけでなく、このような点からも1.5倍速受講を推奨しています。

スモールステップ・パーフェクトマスター
自分にぴったりのレベルから学べるスモールステップ

第一志望合格は高く険しい山のようなもの。その頂上へ確実に登りきる学習法が「スモールステップ」です。 例えば、スタートのレベルも人それぞれ。高校入門から超東大までの12段階から自分にあったレベルを選ぶことが可能。 また、1講座は20回※の授業で構成され、内容を理解しながら確実にステップアップできます。 カリキュラム・講座は、頑張れば誰もが頂上へ到達できるよう工夫されています。
※一部講座は授業回数が異なります。

習ったことを確実に身につけるパーフェクトマスター

習ったことを確実に自分のものにする、それが「パーフェクトマスター」です。 例えば、授業後すぐにテストを行い内容が身についたかを確認する、オンラインで即採点してあいまいな点を把握して克服する、テストに合格したら次の授業へ進むなど、 短期集中で徹底理解を繰り返し、学力を高めます。

確認テスト
毎回の授業後にはテストがあります。
授業に出た単語や文法、解いた問題の類題などが出題され、ポイントを理解できているかチェックします。 10~30分で、毎回が真剣勝負! 集中して授業を受けて、1度の受験で満点合格を目指します。

講座修了判定テスト
講座の全範囲を受講した後のテストです。
学んだ内容が入試問題として出題されたときに解けるかどうかをチェックします。時間は60~90分、実戦形式の問題が多く出題されます。

通期講座
質・量ともに抜群!学力アップはこの講座

90分×20回※の授業で君の学力基盤をしっかりと固めるのが東進の通期講座。 他の予備校では週1回の授業で1年かけて学習していく内容を、高速学習により最短2週間~3カ月で修了することができます。 高速学習で集中して学習することで、学習効果がより高まります。通期講座で早期に入試全科目全範囲を固めれば、学年の枠を超え実戦演習に進むことも可能です。
また、高校入門から超東大レベルまで豊富なラインアップから君に合う講座を選ぶことができます。 さらに、難関大学に特化した志望校対策講座もますます充実。通期講座は同レベルに複数の種類が用意されているものもあるため、君にぴったりの講座を選べます。
※一部20回以上の講座もあります。



学習成果を確認(常に自分の現状を把握する)
東進模試
「絶対評価」×「相対評価」のハイブリッド分析

東進模試最大の特長である「絶対評価」により志望校合格までの距離を具体的に示すことに加え、 偏差値を用いた「相対評価」により「受験者集団における順位の提供」および各模試ごとの「志望校判定」を行います。
「絶対評価」の利点
目標得点に対する到達度判定により、志望校合格まで「あと何点必要か」が明確になります。
さらに定期的に実施される連続模試のため、その間における自分自身の「学力の伸び」=「努力の量」をしっかりと確認することができます。

常に入試「本番レベル」を再現

東進模試は、実際の入試と同じレベル・形式・出題範囲で実施される「本番レベル」模試。本番さながらの真剣勝負だから、緊張感が違います。 毎回「本番レベル」のため、学力の伸びを具体的な点数で把握する「学力のものさし」として活用できます。 連続受験によって、模試間の学習効果の検証も可能。勉強法の改善にも役立ちます。本番同様「センター試験+二次試験」のドッキング判定も行っています。



答案作成力を身につける(最後の決め手は志望対策)
過去問演習講座

過去問の演習は、最も集中力が高まり、今まで学んできた知識・解法を自ら結びつける最も貴重な時間です。 「過去問演習講座」は、本気で第一志望校合格を目指す皆さんが、その努力をより確実に結果へと結びつけられるように開発された講座です。
過去問10年分の問題演習をやりきることは決して容易なことではありませんが、それをやりきることで確実に成果が生まれます。 「過去問演習講座」を合格への切り札としてください。

志望校対策特別講座

難関大現役合格のためには、これまで身につけた学力をもとに、入試本番で最大限に力を発揮できる実戦力を身につけることが必要です。 東進の志望校対策特別講座とは、まさにその実戦力をつけるための講座です。 基礎学力が完成している受験生を対象とした、東進だけの特別講座です。



↑ PAGE TOP